« 2009年10月 | メイン

2010年1月11日

けんたくんのはじめて 3

img003.jpg

出来れば白黒の犬が良かった私たちは、他の店も見ようと、店を出て車に戻りました。
 私が、車を発進させようとすると、助手席の妻が、店の方を見ながら誰に言うでもなく「かわいかったね」とポツリ。
「そうだね、かわいかったね・・・他の店を見て、戻ってきても、あの仔は、もういないかもしれないね。」
しばらく顔を見詰め合っていたいましたが、気付くと、どちらともなく車のドアを開け、店に向って並んで歩いていました。

Posted by Polestar: 11:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月08日

けんたくんのはじめて 2

img002.jpg

最初に行った店の、小さなゲージ(身動きが出来ないくらい)に、生後2ヶ月の仔犬が2匹押し込まれていました。白と茶白の仔犬で2匹とも女の子です。店員に聞くと、店の近所で生まれた雑種で、引き取り手を探しているとのことでした。その茶白の仔がみょうにかわいくて、白い方にいじめられているのかオドオドしていました、妻が抱き上げると胸にスッポリ収まり、仔犬も安心そうにしています。妻もそんな仔をやさしい眼差しで見つめていました。『けんたくん』という名前から、男の子をイメージしていた私たちは、かわいいけど女の子だね、とか避妊手術をすればいいかな、などと話をしていると、店のおばさんが、『どうせ、お金をかけるなら、こっちのシバがいいですよ』と言い、他の仔犬をみせながら『雑種なんかにお金をかけるのはもったいない』と言うのです。
妻の表情を伺うと、優しいまなざしは消え、あきらかに憤慨しているようです。
おばさんを無視して、茶白の仔を二人で見ていました。

Posted by Polestar: 11:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月06日

けんたくんのはじめて

img001.jpg

平成11年の桜の季節に、私と妻は犬を飼うかどうかで悩んでいました。
 飼っていた、マルチーズが2年前に、16歳で亡くなったのですが、その時の悲しみが大きくて、あのような思いは2度としたくないと思っていたのです。が月日がたち悲しみが癒えてくると、同時に寂しさが募ってきていました。いろいろと話し合い、悲しみが有るかもしれませんが、幸せもたくさんある。気に入った仔が見つかったら飼おうということになりました。
その時の犬の条件は、3つでした。
①散歩が必要なこと
②名前は、なにがなんでも 『けんたくん』(漢字で書くと 犬太くん)
③愛猫と同じ白黒の犬。ということでした。
 さっそく、近くのペットショップから回ってみることにしました。

Posted by Polestar: 11:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月04日

今年もよろしくお願いいたします

%E5%B9%B4%E8%B3%80.jpg

おめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
本日から業務をしております。

Posted by Polestar: 11:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | メイン

2010年1月11日

けんたくんのはじめて 3

img003.jpg

出来れば白黒の犬が良かった私たちは、他の店も見ようと、店を出て車に戻りました。
 私が、車を発進させようとすると、助手席の妻が、店の方を見ながら誰に言うでもなく「かわいかったね」とポツリ。
「そうだね、かわいかったね・・・他の店を見て、戻ってきても、あの仔は、もういないかもしれないね。」
しばらく顔を見詰め合っていたいましたが、気付くと、どちらともなく車のドアを開け、店に向って並んで歩いていました。

Posted by Polestar: 11:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月08日

けんたくんのはじめて 2

img002.jpg

最初に行った店の、小さなゲージ(身動きが出来ないくらい)に、生後2ヶ月の仔犬が2匹押し込まれていました。白と茶白の仔犬で2匹とも女の子です。店員に聞くと、店の近所で生まれた雑種で、引き取り手を探しているとのことでした。その茶白の仔がみょうにかわいくて、白い方にいじめられているのかオドオドしていました、妻が抱き上げると胸にスッポリ収まり、仔犬も安心そうにしています。妻もそんな仔をやさしい眼差しで見つめていました。『けんたくん』という名前から、男の子をイメージしていた私たちは、かわいいけど女の子だね、とか避妊手術をすればいいかな、などと話をしていると、店のおばさんが、『どうせ、お金をかけるなら、こっちのシバがいいですよ』と言い、他の仔犬をみせながら『雑種なんかにお金をかけるのはもったいない』と言うのです。
妻の表情を伺うと、優しいまなざしは消え、あきらかに憤慨しているようです。
おばさんを無視して、茶白の仔を二人で見ていました。

Posted by Polestar: 11:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月06日

けんたくんのはじめて

img001.jpg

平成11年の桜の季節に、私と妻は犬を飼うかどうかで悩んでいました。
 飼っていた、マルチーズが2年前に、16歳で亡くなったのですが、その時の悲しみが大きくて、あのような思いは2度としたくないと思っていたのです。が月日がたち悲しみが癒えてくると、同時に寂しさが募ってきていました。いろいろと話し合い、悲しみが有るかもしれませんが、幸せもたくさんある。気に入った仔が見つかったら飼おうということになりました。
その時の犬の条件は、3つでした。
①散歩が必要なこと
②名前は、なにがなんでも 『けんたくん』(漢字で書くと 犬太くん)
③愛猫と同じ白黒の犬。ということでした。
 さっそく、近くのペットショップから回ってみることにしました。

Posted by Polestar: 11:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月04日

今年もよろしくお願いいたします

%E5%B9%B4%E8%B3%80.jpg

おめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
本日から業務をしております。

Posted by Polestar: 11:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | メイン

2010年1月11日

けんたくんのはじめて 3

img003.jpg

出来れば白黒の犬が良かった私たちは、他の店も見ようと、店を出て車に戻りました。
 私が、車を発進させようとすると、助手席の妻が、店の方を見ながら誰に言うでもなく「かわいかったね」とポツリ。
「そうだね、かわいかったね・・・他の店を見て、戻ってきても、あの仔は、もういないかもしれないね。」
しばらく顔を見詰め合っていたいましたが、気付くと、どちらともなく車のドアを開け、店に向って並んで歩いていました。

Posted by Polestar: 11:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月08日

けんたくんのはじめて 2

img002.jpg

最初に行った店の、小さなゲージ(身動きが出来ないくらい)に、生後2ヶ月の仔犬が2匹押し込まれていました。白と茶白の仔犬で2匹とも女の子です。店員に聞くと、店の近所で生まれた雑種で、引き取り手を探しているとのことでした。その茶白の仔がみょうにかわいくて、白い方にいじめられているのかオドオドしていました、妻が抱き上げると胸にスッポリ収まり、仔犬も安心そうにしています。妻もそんな仔をやさしい眼差しで見つめていました。『けんたくん』という名前から、男の子をイメージしていた私たちは、かわいいけど女の子だね、とか避妊手術をすればいいかな、などと話をしていると、店のおばさんが、『どうせ、お金をかけるなら、こっちのシバがいいですよ』と言い、他の仔犬をみせながら『雑種なんかにお金をかけるのはもったいない』と言うのです。
妻の表情を伺うと、優しいまなざしは消え、あきらかに憤慨しているようです。
おばさんを無視して、茶白の仔を二人で見ていました。

Posted by Polestar: 11:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月06日

けんたくんのはじめて

img001.jpg

平成11年の桜の季節に、私と妻は犬を飼うかどうかで悩んでいました。
 飼っていた、マルチーズが2年前に、16歳で亡くなったのですが、その時の悲しみが大きくて、あのような思いは2度としたくないと思っていたのです。が月日がたち悲しみが癒えてくると、同時に寂しさが募ってきていました。いろいろと話し合い、悲しみが有るかもしれませんが、幸せもたくさんある。気に入った仔が見つかったら飼おうということになりました。
その時の犬の条件は、3つでした。
①散歩が必要なこと
②名前は、なにがなんでも 『けんたくん』(漢字で書くと 犬太くん)
③愛猫と同じ白黒の犬。ということでした。
 さっそく、近くのペットショップから回ってみることにしました。

Posted by Polestar: 11:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月04日

今年もよろしくお願いいたします

%E5%B9%B4%E8%B3%80.jpg

おめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
本日から業務をしております。

Posted by Polestar: 11:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | メイン

2010年1月11日

けんたくんのはじめて 3

img003.jpg

出来れば白黒の犬が良かった私たちは、他の店も見ようと、店を出て車に戻りました。
 私が、車を発進させようとすると、助手席の妻が、店の方を見ながら誰に言うでもなく「かわいかったね」とポツリ。
「そうだね、かわいかったね・・・他の店を見て、戻ってきても、あの仔は、もういないかもしれないね。」
しばらく顔を見詰め合っていたいましたが、気付くと、どちらともなく車のドアを開け、店に向って並んで歩いていました。

Posted by Polestar: 11:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月08日

けんたくんのはじめて 2

img002.jpg

最初に行った店の、小さなゲージ(身動きが出来ないくらい)に、生後2ヶ月の仔犬が2匹押し込まれていました。白と茶白の仔犬で2匹とも女の子です。店員に聞くと、店の近所で生まれた雑種で、引き取り手を探しているとのことでした。その茶白の仔がみょうにかわいくて、白い方にいじめられているのかオドオドしていました、妻が抱き上げると胸にスッポリ収まり、仔犬も安心そうにしています。妻もそんな仔をやさしい眼差しで見つめていました。『けんたくん』という名前から、男の子をイメージしていた私たちは、かわいいけど女の子だね、とか避妊手術をすればいいかな、などと話をしていると、店のおばさんが、『どうせ、お金をかけるなら、こっちのシバがいいですよ』と言い、他の仔犬をみせながら『雑種なんかにお金をかけるのはもったいない』と言うのです。
妻の表情を伺うと、優しいまなざしは消え、あきらかに憤慨しているようです。
おばさんを無視して、茶白の仔を二人で見ていました。

Posted by Polestar: 11:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月06日

けんたくんのはじめて

img001.jpg

平成11年の桜の季節に、私と妻は犬を飼うかどうかで悩んでいました。
 飼っていた、マルチーズが2年前に、16歳で亡くなったのですが、その時の悲しみが大きくて、あのような思いは2度としたくないと思っていたのです。が月日がたち悲しみが癒えてくると、同時に寂しさが募ってきていました。いろいろと話し合い、悲しみが有るかもしれませんが、幸せもたくさんある。気に入った仔が見つかったら飼おうということになりました。
その時の犬の条件は、3つでした。
①散歩が必要なこと
②名前は、なにがなんでも 『けんたくん』(漢字で書くと 犬太くん)
③愛猫と同じ白黒の犬。ということでした。
 さっそく、近くのペットショップから回ってみることにしました。

Posted by Polestar: 11:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月04日

今年もよろしくお願いいたします

%E5%B9%B4%E8%B3%80.jpg

おめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
本日から業務をしております。

Posted by Polestar: 11:37 | コメント (0) | トラックバック (0)