2010年1月11日

けんたくんのはじめて 3

img003.jpg

出来れば白黒の犬が良かった私たちは、他の店も見ようと、店を出て車に戻りました。
 私が、車を発進させようとすると、助手席の妻が、店の方を見ながら誰に言うでもなく「かわいかったね」とポツリ。
「そうだね、かわいかったね・・・他の店を見て、戻ってきても、あの仔は、もういないかもしれないね。」
しばらく顔を見詰め合っていたいましたが、気付くと、どちらともなく車のドアを開け、店に向って並んで歩いていました。

Posted by Polestar: 2010年01月11日 11:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)